尿路結石とキャットフードについて

Permalink

猫を飼っている人の中には尿路結石について考える人も多いのではないでしょうか。尿路結石は特に猫にはかかりやすい病気と言われており、飼い主が注意をして見てあげなければなりません。では、そもそも尿路結石になりやすい猫とはどういったタイプなのでしょうか。尿路結石について知りたい方のために紹介します。

まずなりやすいタイプとしては体質や遺伝です。例えば親猫が尿路結石を発症したことがある場合、子供は尿路結石になる可能性が高くなると言われています。その為、万が一親猫が尿路結石にかかっている場合は普段から尿路結石に強いキャットフードを選ぶことが大切です。また、体質的にかかりやすい猫は普通のキャットフードを与えて、完治したとしても繰り返す場合があります。それを防ぐためにも尿路結石をケアできるキャットフードを選ぶことが大切です。

続いて、かかりやすいタイプとしてはオス猫です。尿路結石が作られる尿道がオス猫の場合、メス猫と比べて狭くなっているのが特徴的なので、つまりやすく、重度の症状になってしまうことが多いと言われています。その為、オス猫の場合は特に気を付ける必要があります。

続いては3歳から5歳の猫です。この年齢の時期は若くて元気な時ですが、気を付けた方がいい年齢でもあります。3歳から5歳は食事の量も多いですし、体の中も活発なため、尿路結石を生成しやすくなると言われています。

尿路結石は猫のタイプによって変わるので注意する必要があります。ここでは尿路結石のケアについて説明しますが、主にその中でもキャットフードについて話します。